鬼滅の刃7巻(Vol.7)

【鬼滅で日本語学習】「起きる・目覚める」のちがい/「魘夢」 7巻 56話 

【鬼滅の刃】「起きる」と「目覚める」「魘夢」の漢字

7巻の魘夢えんむが出てくる場面で、「きろ」「目覚めざめろ」などのセリフがたくさん出てきます。「起きる」と「目覚める」のちがいがよく分からないのですが・・・。

 

「起きる」と「目覚める」のちがいを、分かりやすく説明できますか?

「起きる」と「目覚める」のちがい

マンガ7かん下弦かげんの一、眠り鬼「魘夢えんむ」が登場とうじょうします。

魘夢は、相手を眠らせて攻撃こうげきするため、鬼殺隊きさつたいにとっては、「きる」こと「目覚めざめる」ことが大事になります。では、これらの言葉のニュアンスの違いは何でしょうか・・

 

「起きろ!攻撃こうげきされてる」

ゆめだ」「これは夢だ」

目覚めざめろ!!」

「起きてたたかえ!!」

出典:吾峠呼世晴(2017年)『鬼滅の刃7巻』株式会社集英社(56話)

 

起きる」は「おきる」と読みます。
これは初級漢字なので、知っている人が多いでしょう。

【意味】
➊横になったりたおれていたりしたものが立った状態じょうたいになる。
「一週間もすれば━・きられる(=病床びょうしょうからはなれられる)」
➋眠っていた人が目をます。また、目をまして意識を働かせている状態にある。
「大声を出すと赤ちゃんが━よ」
⇔眠る
➌目を覚ました人が寝床ねどこから出る。起床きしょうする。

「毎朝六時に━」
⇔寝る
引用:明鏡国語辞典

参考さんこうまでに、「起」をふくむ四字熟語をいくつか紹介しょうかいします。

起死回生きしかいせい あぶない状態を一気によい方向に立て直すこと
七転八起しちてんはっき 七回ころんでも、八回起きあがるという意味から、何度失敗しっぱいしても、くじけないで、努力どりょくすること
一念発起いちねんほっき あることをしとげようと決心すること
再起不能さいきふのう 失敗しっぱいなどから立ち直ることができない状態

 

目覚める」は「めざめる」と読みます。

【意味】
❶ 眠りからめる。目が覚める。
「夜中に━」
おそろろしい夢から━」
❷ ひそんでいた本能ほんのう理性りせいなどが働き始める。
「性[自我]に━」

引用:明鏡国語辞典

これらの違いは、漢字のパーツを見ると分かりやすいです。

【起きる】
(左のパーツ):起きる、行動する
(右のパーつ):(諸説しょせつあるが)ひざまずく・自分

➡自分が起きる、自分が行動する・ひざまずいだ状態から起きる

【目覚める】
:「覚」の中の「」のパーツは、「神経しんけいのはたらき」をしていると考えられる。
(参考:「部首ときあかし辞典」円満字二郎)

パーツのみ合わせで漢字ができていると考えると、「起きる」は行動にフォーカスしていて、「目覚める」は「目の神経しんけいが働いて意識がはっきりする」という視神経ししんけいにフォーカスしていると言えそうです。

例文
「7時に起きた」:「7時に目が覚めた」「7時に体を起こして、ベッドから出た」両方りょうほうの意味にとれる。

「7時に目覚めた」:「7時に目が覚めた(意識が働いている状態)」の意味だけとなる。目の神経しんけいが働き、目を見開き、眠りから覚める意味となる。

また、「目覚めざめる」と「目をます」は同じです。

58話「おはよう」より

 

目覚めざめろ!!」「目覚めろ!!」

「目をませ!!」

出典:吾峠呼世晴(2017年)『鬼滅の刃7巻』株式会社集英社(58話)

マンガ7巻に出てきた「覚」を使った熟語紹介

覚醒かくせい
意味:
1 目を覚ますこと。目が覚めること。
まよいからさめ、あやまちに気づくこと。

7巻では、本来ほんらいの意味で「覚醒かくせい」が使われています。

 

炭治郎:

隊服たいふく!!」「日輪刀にちりんとう!!」

覚醒かくせいしてる!!少しずつ・・少しずつ」

出典:吾峠呼世晴(2017年)『鬼滅の刃7巻』株式会社集英社(57話)

 

 

魘夢:

「何でコイツは起きたのかな」

「短時間で覚醒条件かくせいじょうけんも見やぶった」

出典:吾峠呼世晴(2017年)『鬼滅の刃7巻』株式会社集英社(59話)

ただし、上弦じょうげんの鬼達と戦う場面では、「覚醒かくせい」は特別な意味で使われています。

強力きょうりょくな力を発動はつどうすること」です。上弦の鬼達と戦うためには、上弦の鬼と同じくらいの力が必要です。

限界を超えた、特別な力を手に入れた状態を、「覚醒かくせい」と表現しています。

ついでに、「覚醒かくせい」という言葉は、ハリポタでも見られます。

「ハリー・ポッター:魔法まほう覚醒かくせい」(ハリポタシリーズの最新作ゲーム)というように、魔法まほうがさらに進化し、特別な能力として発揮はっきするという意味でも使われています♪。

このように、「覚醒」という言葉は、アニメやマンガ、ゲームなどでよく使われます。

最近では、オリンピック選手に関係する新聞記事でも、「覚醒」という言葉が使われていました。

これで、「起きる」と「目覚める」の微妙びみょうなニュアンスの違いがわかりましたか?

次は、『劇場版げきじょうばん「鬼滅の刃」無限列車編むげんれっしゃへん』の前半ぜんはん登場とうじょうする「魘夢えんむ」の漢字について見てみましょう。

「魘夢」の漢字

魘夢」は「えんむ」と読みます。

【意味】不吉ふきつな夢 おそろしい夢 悪夢あくむ

引用:日本国語大辞典

「魘」のパーツの組み合わせを見てみましょう。

「魘」=厭+鬼

厭:

【音読み】エン・オン・ヨウ
【訓読み】いやおさえる
【意味】悪夢あくむ精霊せいれいに押さえられる。うなされる。

魘:

【音読み】エン
【訓読み】うなされる、おそわれる
【意味】押さえつけられた感じで、うなされる。おそろろしいゆめを見ておびえる。

夢:

【音読み】
【訓読み】ゆめ
【意味】ゆめ。ゆめのようにはかないもの。

」を使った熟語紹介

夢魘むえん」(漢字を入れえるだけです)
意味:おそろろしいゆめを見てうなされること

【鬼滅の刃】まとめ:「起きる・目覚めざめる」のちがい/「魘夢えんむ」の漢字

今回は「起きる」と「目覚める」の違いを見てきました。留学生を教えていると、このような微妙びみょうなニュアンスの違いの質問がよく出ます。

日本人なら、意識いしきしなくても使い分けている表現だと思います。

「起きる」は体がたんよこになっている状態から立った状態になること、ベッドから起き上がった状態、目を覚ました状態・・と意味が広いです。

一方、「目覚めざめる」は、目がめて、意識をはたらかせている状態を言います。

ですから、起きる>目覚めざめる・・となり、目が覚めて意識がはっきりした状態を特に表現したい時は、「目覚める」を使うと、こまかい描写びょうしゃができますね。

微妙びみょうな違いを理解できましたか?漢字のパーツを見れば区別できそうですね。

夢をかいして、人間を苦しめる鬼の名前としては、鬼の字も入っているし、

魘夢えんむ」はぴったりと言えますよね。

作者の吾峠先生は、漢字に相当精通そうとうせいつうされているかたでしょうね・・🤔

 

起【音読み】【訓読み】きる・こす・こる

覚【音読み】カク【訓読み】おぼえる・ます・める

recommended textbook

Read more about the textbook here