鬼滅の刃1巻(Vol.1)

【鬼滅で日本語学習】「笑止千万」1巻 第1話 P.39

【鬼滅の刃】「笑止千万」p.39

「『しょうせんばん』と水ばしらとみおかさんが炭治郎に言いましたがどんな意味なんですか。」

 


「笑止千万」の意味

 

うばうか奪われるかの時に、

 どうけんにぎれない弱者じゃくしゃが、

 妹をなおす?かたきを見つける?」

「笑止千万!!」

・・・・・・・・・・

ことごとく力で強者きょうしゃにねじせられるのみ!!」

出典:吾峠呼世晴(2016年)『鬼滅の刃1巻』株式会社集英社(p.39)

 

笑止千万」は「しょうしせんばん」と読みます。笑止千万は四字熟語よじじゅくごです。

わらう」+「止まる」+「千」+「万」という語からできています。

「笑止」は笑うべきこと、ばかばかしいという意味の熟語です。

「千万」は「普通の程度ていどえている」という意味の熟語です。

漢字を覚えるにはヒントが必要なので、「笑いが止まらないほどばかばかしい」と覚えると、記憶きおくしやすいでしょう。

例文:「笑止千万ない」
参考:goo辞書

「千万」は他の言葉の後ろについて、前の言葉を強調する働きがあります。

例:迷惑千万・・・迷惑の程度が普通ではない
例文:「迷惑千万な話だ。」

参考:四字熟語辞典

 

漫画の翻訳版:

“It’s highly ridiculous!”

出典:Kimetsu no yaiba Comic Vol.1,Koyoharu Gotouge, SHUEISHA Inc

【鬼滅の刃】まとめ:「笑止千万」

義勇が「笑止千万」と言うのは、炭治郎が義勇に禰豆子をころさないようおねがいした後の場面です。

炭治郎の言動げんどうがばかばかしく、義勇にとっては話にならないということをこの四字熟語で表現しています。

炭治郎は願望がんぼうだけで話していて、現実げんじつを分かっていないのですね。それが義勇にとっては、ばかばかしいのです。

炭治郎のことを、この場面では「主導権しゅどうけんにぎれない弱者じゃくしゃ」と言っています。主導権とはイニシアチブ(initiative)です。弱者は、弱い者、社会的に弱い立場たちばの者です。弱者の反対の言葉は、強者です。

主導権を握る・・・heve(gain) the initiative
主導権をうしなう・・・lose the initiative

opposite word・・・弱者⇔強者

禰豆子を殺されてしまうかもしれない場面で「主導権を握れない弱者」である炭治郎が、どうやって禰豆子を生かし、治せるのでしょうか。

その上、かたきてき)を見つけるとはばかげたことだ・・と言っているのでしょう。

笑【音読み】ショウ    【訓読み】わら・ え

止【音読み】      【訓読み】まる・ める・とどまる・

                  とどめる・める・

千【音読み】セン      【訓読み】

万【音読み】マン・ バン    【訓読み】よろず