鬼滅の刃1巻(Vol.1)

【鬼滅で日本語学習】「丸腰」1巻 第1話 P.50

【鬼滅の刃】「丸腰」の意味  p.50

1巻に『丸腰まるごし』と出てきますが、『まるごし』とはどんな意味なんですか。腰が丸くなってることですか??

「丸腰」の意味

 

義勇ぎゆう丸腰まるごしであるのを   さとられないよう

りかぶった体勢たいせいで  手元てもとかくす。」

義勇から左近次さこんじへの手紙

丸腰で私にいどんでくる度胸どきょうがあります」

出典:吾峠呼世晴(2016年)『鬼滅の刃1巻』株式会社集英社(p.50,p.88)

 

「丸腰」は「まるごし」と読みます。

「丸い」はroundで、「腰」は waistです。

しかし、「丸腰」は丸い腰ではありません。

「丸腰」は武士ぶしなどがこしに刀を持っていないことをいいます。

武器ぶきを持っていない状態じょうたいという意味です。

例文:「丸腰で相手に立ち向かう。」
引用:goo国語辞書

参考:Jisho Dictionary

 

Kanji Parts「腰」:「月」+「西」+「女」

★「月」のパーツは「肉」の意味があり、切った肉を表しています。

月のパーツがつく漢字は体の部分に関係する漢字が多いです。

月のパーツがつく漢字を書きましょう

はらむねかたうではだちょうのうはだはいなど

アニメの翻訳版:

“He hid his hands as he pretended to attack so I wouldn’t realize he was unarmed.”

【鬼滅の刃】まとめ:「丸腰」

義勇が「丸腰」という言葉を使うのは、義勇が妹の禰豆子を取り押さえた時、

炭治郎が必死ひっし反撃はんげきをした場面です。

炭治郎の武器ぶきおのしかありませんでした。

炭治郎が石を義勇にげ、木にかくれた

一瞬いっしゅんに、斧を投げました。

この時点で炭治郎が武器を何も持っていないことを、

義勇に気がかれてはこまりますね。

だから、炭治郎は手元てもとに武器があるかのように見せ、必死ひっしに戦いました。

その様子を見た義勇は「丸腰で私に挑んでくる度胸がある」と、ある意味、炭治郎に感心したのでしょう・・・。

丸【音読み】ガン    【訓読み】まるまるい・まるめる

腰【音読み】ヨウ    【訓読み】こし